お向かいさんからゴーヤーを頂きました!

チャレンジ
DSC_0016

今週月曜日に、得意のあさイチで簡単に出来るゴーヤチャンプルーの作り方を観たので、食べたくなりました。

早速買い物リストにゴーヤーとを追加して買い物に出かけようとしていたら、お向かいさんの奥様に会いました。「こんにちは。暑くなりましたね」と挨拶したら「ゴーヤーいる?」と聞かれたのでビックリ!

「要ります!」と後についていきました。

ちょうど良い大きさのゴーヤーをひとつもぎ取っていただきました。緑色も鮮やかで美味しそうです。

あまりにもタイミングが良くてびっくりしましたが、これで晩ご飯はゴーヤチャンプルーに決定です。

お向かいさんは私が実家を出て別のご家族が住み始めていたので、挨拶を交わすくらいだったのですが、私が実家に帰ってきてからは会うとちょこちょこ声をかけてくださったり、花梨の実やグリーンピースを頂いたり色々お世話になっています。

そんなお向かいさんから頂いたゴーヤーの栄養メモ。

ゴーヤー(苦瓜/にがうり)が含んでいるビタミンCの量は76mgと非常に多く、キウイでさえ69mgですから、ゴーヤ(苦瓜/にがうり)に含まれる量が如何に多いかが分かります。また、通常加熱するとビタミンCは壊れやすいのですが、ゴーヤー(苦瓜/にがうり)のビタミンCは、炒めても壊れにくいようです。

あの苦味成分も「モモルデシン」という成分で、胃腸の粘膜を保護したり食欲を増進する効果があるそうです。(旬の食材百科より一部抜粋)

DSC_0014

そして、晩御飯となるゴーヤチャンプルーです。

私も以前よりゴーヤチャンプルーが好きで良く作っていたのですが、毎回味が違ったり、卵が焦げ付いて出来上がりがボロボロになることがよくあります。

ところがあさイチで紹介された菰田欣也シェフのやり方は卵がボロボロにならず、そして美味しい!いいとこだらけでした。

ポイントは、①ゴーヤや、豆腐の下処理が要らない(逆にお肉には少し下処理有)②具材ごとに炒める③卵を入れる前に一旦フライパンを軽くふいてあらためて油を敷いて卵も溶かずにそのまま入れる。

なので洗い物も減るし時間も短縮出来ます。

具材ごとに炒めますが、一つの大皿に炒め終わったものを入れて、最後に卵を入れたフライパンに全部戻して炒め終わったら又その大皿に戻すので、具材ごとに炒める事も全く抵抗なく出来ました。

改めてレシピをみたら私が作った時はニンニクを入れるのを忘れましたが、それでも美味しかったです。材料を別々に炒める事でそれぞれの素材に合った炒め具合に出来るので、お肉も柔らかく、それぞれの具材が美味しいし、豆腐の水切りをしないので、私は結構豆腐を炒める時水分が取れる迄炒めましたが、そうめんで試してみてもいいなあと思いました。

DSC_0016

小皿に取り分けた後に鰹節をかけて、減塩の為オイスターソース少し少なめにしましたが、意外と味がしっかりしていたのでニンニク入れてたら鰹節はいらないかもしれませんねー。

写真がイマイチ美味しそうに撮れませんでしたがお薦めです。レシピはこちらからどうぞ

もしいいなぁと思ったら人に紹介してもらったり、コメント等で感想を頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました